ラート情報誌「わっ!」

17号 2007年秋

ラート協会オフィシャルホームページ http://www.rhoenrad.jp

夏期ラート実技講習会 in つくば

835日 (一般向け)

82829日 (学生向け)

 

20078月筑波大学にて夏期実技講習会が行われました。今年の夏期講習会では、対象を一般と学生に分けて2度行いました。双方とも暑い中での講習となりましたが、皆さんが熱心に練習に励む姿を見ることができました。

3回全日本学生ラート競技選手権大会

831日〜91日、つくばカピオにて「第3回全日本学生ラート競技選手権大会」が開催されました。今大会も、多くの学生が参加し、活気あふれる大会となりました。大会予選では各種目の規定演技(級の演技)を行い、予選を勝ち抜いた各種目6名の選手が、決勝で自由演技を行いました。

大会では皆さんの競技レベル向上や、健闘を称え合い交流を深める様子を見ることができました。

<上位成績>   

【女子】

個人戦

優勝 筑波大学 5年 吉田 望

2位 琉球大学 3年 達野 なるみ

3位 琉球大学 3年 真境名 あずさ

直転の部決勝

優勝 筑波大学 5年 吉田 望

2位 筑波大学 4年 森口 更紗

3位 筑波大学 4年 宮尾 夏姫

斜転の部決勝

優勝 筑波大学 4年 森口 更紗

2位 琉球大学 3年 真境名 あずさ

3位 琉球大学 3年 達野 なるみ

跳躍の部決勝

優勝 筑波大学 4年 森口 更紗

2位 筑波大学 4年 宮尾 夏姫

3位 琉球大学 3年 真境名 あずさ

団体戦

優勝 筑波大学 Aチーム

2位 琉球大学 Aチーム

3位 筑波大学 Bチーム

 

 

【男子】

個人戦

優勝 筑波大学 4年 福原 一郎

2位 筑波大学 3年 高橋 靖彦

3位 筑波大学 2年 江塚 和哉

直転の部決勝

優勝 筑波大学 2年 江塚 和哉

2位 筑波大学 4年 福原 一郎

3位 筑波大学 3年 高橋 靖彦

斜転の部決勝

優勝 筑波大学 4年 福原 一郎

2位 琉球大学 3年 田中 健一

3位 筑波大学 3年 高橋 靖彦

跳躍の部決勝

優勝 琉球大学 2年 林孝治

2位 中京大学 4年 森田 雅彦

3位 筑波大学 3年 高橋 靖彦

団体戦

優勝 筑波大学 Aチーム

2位 琉球大学 Aチーム

3位 筑波大学 Bチーム

 

講習会に及び学生大会に参加した皆さんより、感想を寄せていただきました。

 

 琉球大学 3年 達野 なるみ  

今回インカレは私にとって得るものの多い大会となりました。まずはメダルです。この大会で私は生まれて初めてメダルを貰いました(笑)今回メダルを取れたのは回りの人たちの支えあってこそです。本当にありがとうございました。

 11月のある全日本ではインカレでの反省を生かし、今度こそ自分が納得できる演技ができるよう頑張っていこうと思います。

 

 中京大学 4年 森田 雅彦 

『インカレを終えて』

私にとって、今回の大会が最後のインカレでしたが、内容は満足の行く出来ではありませんでした。しかし、今までで一番良い大会だったと思います。愛知勢が4人も決勝に残ったり、怪我をして大会に出られなかった1年生が出たい気持ちを抑えてチームのためにサポートしてくれたり、名芸と中京が一緒になって応援してくれる姿はとても感動しました。

1年生の時、中京にサークルがないことに失望し、入学したことを後悔しました。しかし、大島先生、六鹿さんを始め、多くの人に出会い支えていただいた私は幸せで、今では本当に中京大学に入学して良かったと思ってます☆残り半年は、私が愛知に恩返しができるよう頑張っていきたいと思います。

これからも、愛知のメンバーをよろしくお願いします☆

 

 筑波大学 4年 福原 一郎 

『実行委員長』

まず、大会の開催にあたってご支援、ご協力いただいた全ての方に感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。

大学で体操部に入部した頃は、ラートというものもよく知らず、それまで部活すらやっていなかった自分がまさか第2回、第3回と続けてインカレの実行委員長を務めることになるとは、人生何が起こるかわからないものです。

4回はつくばを離れて、東海大学沼津での開催となります。大会の運営は大変なこともありますが、ラートインカレが学生達の強い想いによって、今後ずっと続いてゆくことを願っています。本当にありがとうございました。

 

 天理ラートクラブ 土屋 幸子 

『ラート講習会に参加して』

私は2年程前にラートと出会い練習を続けていたのですが、今年からラート協会に入会し、やっと念願の講習会に参加する事ができました。小さな子から大人になってからでも楽しめるラートが大好きなのですが、講習会では同じような気持ちでラートを楽しんでいるたくさんの方々と出会え、共に練習する事ができてとても良い経験となりました。そして指導者の皆様、親切に教えて下さりありがとうございました。これからも楽しんでラートを頑張っていきたいと思います。

 

 東京藝術大学 檜皮 貴子 

『切磋琢磨』

 8月上旬と下旬、2回行われた講習会に、私は指導員として参加させていただきました。大学生と一般の講習生とを分けた、初めての試みは、とても有意義な講習会のように感じました。みなさんが目標を決め、恐怖感と疲労感を漂わせながらも切磋琢磨している姿は、非常にかっこ良く、私にパワーをたくさん送ってくれたように思います。

 選手そして愛好者のみなさんにとって、個々人にふさわしい指導が出来るようにこれからも勉強するとともに、みなさんの「わ」の中で自分を成長させたいと思います。

 

【秋の予定】

111718日に「第13回全日本ラート競技選手権大会」が静岡県沼津市の東海大学開発工学部で開催されます。開催日程は下記の通りです。

17日(土) 1200

 

18日(日)  900

競技会予選(直転・斜転・跳躍)

開会式,レセプション

競技会決勝(直転・斜転・跳躍)

デモンストレーション,閉会式

前年度各種目上位8名の選手は、シード選手として予選が免除されます。各種目の決勝は、シード選手及び予選上位選手を合わせた16名で行います。

 

【編集後記】

 読書の秋・芸術の秋・食欲の秋… そして「スポーツの秋」ですね。大会に向けて、皆さん、練習に励んでいることと思います。大変遅くなりましたが、第17号の発行となりました。11月の大会では、夏の講習・大会よりレベルアップした皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。それでは大会まで、怪我や体調にお気を付けて、楽しく練習をして下さい。

ラート協会広報部会  m馬 絵美子